アイスクリーム 定義

通販で人気のアイスクリームメーカーを集めてみましたTOP > アイスクリームの基礎知識 > アイスクリームの定義とは?ソフトクリームやジェラートとの違いは?

アイスクリームの定義とは?ソフトクリームやジェラートとの違いは?

日常でよく口にするアイスクリーム、そのアイスクリームにも定義があるのを知っていますか?ソフトクリームとアイスクリームにも違いはあります。ジェラートとの違いは?アイスクリームにも種類はあるの?気になるその定義や違いをお伝えします!

アイスクリームの定義って?

日常的に良く食べるアイスクリームですが、一口にアイスと言っても、いろいろ種類がありますよね。
その中でもアイスクリーム・ソフトクリーム・ジェラートの違いを知っていますか?

実はそれぞれ原材料や含まれるものによって定義があり、それぞれの違いは以下の通りです。

アイスクリーム

乳固形成分が15%以上で、そのうち8%が乳脂肪分のものをアイスクリームとよびます。
乳固形分が10%以上だと「アイスミルク」、3%以上だと「ラクトアイス」と呼ばれ、同じアイスクリーム類でも、細かく種類が分かれています。

ソフトクリーム

ソフトクリームはアイスクリームの一つであり、生産工程における一つの呼び方です。
できたてでフリージングや包装されていないアイスクリームのことを「ソフトクリーム」、と呼びます。

ジェラート

ジェラートはアイスクリームと同じような原料で作られますが、卵黄が使われていないのが特徴です。
5%前後の乳脂肪で作られ、日本で言えばアイスミルクに当たります。
原料にはフルーツやナッツなどが使われ、脂肪分が少なく原料の風味が強いのが特徴です。

ジェラートはイタリア原産なので日本の定義に当てはめるのは難しいですね。

ジェラートの方が味が濃く、イタリアでは栄養価の高い食品として認識されています。
おやつ感覚で食べる日本とは少し趣に違いがあり、とても面白いですね。

アイスクリームの定義とは?ソフトクリームやジェラートとの違いは?関連ページ

アイスクリームは赤ちゃんが食べても大丈夫?何歳から食べても良い?
子供が大すきなアイスクリームですが、赤ちゃんにアイスクリームを上げても問題ないのでしょうか?離乳食を食べ始めたらアイスを食べても問題ないのでしょうか?アイスクリームは何歳から大丈夫なのか、詳しく解説しています。
アイスクリームってアレルギー反応はある?食べても危険性は無いの?
子供が口にすることの多いアイスクリームですが、アイスクリームにはアレルギーはあるのでしょうか?あるとしたらどんなアレルギーが考えられるのでしょう?アイスクリームのアレルギーについて詳しく解説しています。
アイスクリームのカロリーはどれくらい?どんな栄養成分が入ってる?
夏はアイスクリームが食べたくなる季節、子供も大好きなアイスクリームですが、栄養成分と呼べるものは含まれているのでしょうか?そのカロリーや栄養成分は?意外と知られていないアイスクリームの栄養成分について解説していきます。
アイスクリームの賞味期限はどれくらい?長持ちさせるための保存方法
夏になると毎日のように食べたくなるアイスクリーム。冷凍庫で保管している人がほとんどですが、その正しい保存方法などはあるのでしょうか?また、賞味期限は表記されているのでしょうか?あまり知られていないアイスクリームの保存方法・賞味期限について解説します。
せっかく作るなら!アイスクリームをより美味しくする作り方のコツ
家でおいしいアイスクリームが作りたい!そんな風に思ってる方も多いんじゃないでしょうか?お子様がいる家庭なら、一緒に作れたら楽しいですよね。アイスクリームは美味しい作り方やコツをつかめば簡単にできます!
アイスクリームの定義とは?ソフトクリームやジェラートとの違いは?
日常でよく口にするアイスクリーム、そのアイスクリームにも定義があるのを知っていますか?ソフトクリームとアイスクリームにも違いはあります。ジェラートとの違いは?アイスクリームにも種類はあるの?気になるその定義や違いをお伝えします!